妊娠

妊娠超初期に見られる症状とは?

妊娠

妊活をしている人や妊娠したかもしれないと不安な人は一刻も早く妊娠したかどうか知りたい!と思われるのではないでしょうか。

最近では、妊娠超初期に起こる症状が少しずつ明らかになってきています。

妊娠超初期にみられる症状について解説します。

妊娠と妊娠検査のしくみ

妊娠とは、排卵期に性交して、卵子に精子が受精すること、そして、子宮内膜に着床することで成立します。

子宮内膜が十分に厚くなっていない場合も妊娠できませんし、排卵期にタイミングよく性交しなければなかなか妊娠することはできません。

最近では、「妊活」という言葉もあるように、女性の社会進出とともに妊娠する年齢があがってきています。

高齢になればなるほど、妊娠できる確率は下がります。

なるべく若いうちに妊娠できるように環境を整えると落ち着いた気持ちで妊活することができるでしょう。

妊娠検査が実施できるタイミング

妊娠検査薬を実施できるタイミングは、一般的には、生理予定日の5週間後となります。

これは、妊娠検査薬で検出するhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の濃度が十分に上がるタイミングが妊娠5週目であるという理由があります。

とにかく早く妊娠かどうか知りたい!どうしたらよい?

でも、生理予定日から5週目というと、1か月以上も不安な気持ちをかかえていなければなりません。

妊活をしている人にとっても、長いと感じられることでしょう。

妊活をしている人は、少し経済的にも余裕があるかもしれませんので、少しお金をかけてもよいかなという方には、もう少し早く妊娠がわかる方法がありますので、ご紹介します。

 

生理予定日から使える妊娠検査薬ーCheck One Fast

 

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の5週間後から実施できます。

それまで待てない!という方に朗報です。

Check One Fastという妊娠検査薬は、生理予定日から使うことができます。

仕組みは、一般的な妊娠検査薬と同じく、hCGの濃度を測るというものです。

妊娠したかもしれないとわかったら、鎮痛剤を飲まない、お酒を飲まないなど過ごし方も変わります。

早めに知りたい方は、試してみてもよいでしょう。

ただ、この妊娠検査薬を使って陽性が出た後に生理がきてしまうことがあります。

妊娠を継続できなかったという意味です。その場合には、精神的なショックを受けることがありますので、あまりショックを受けたくないという方にはお勧めしません。

 

妊娠超初期にみられる症状が出ていないかチェックする

 

妊娠超初期とは、妊娠0週から3週までを意味します。

妊娠超初期には、生理が来ないことに加え、以下のような症状が出ることがあると言われています。

以下のような症状が出現した場合には、妊娠の可能性がありますので、解熱鎮痛剤などの薬の使用や飲酒、激しい運動を控えたほうがよいです。

  1. おりものの色が変わる、量が増える
  2. 少量の出血があった(着床出血)
  3. 微熱が続く
  4. 強い眠気、だるさが続く
  5. 下腹部の痛みや違和感が続く
  6. 乳房が張る、乳房が張って痛い
  7. 胃のむかつきや吐き気がある
  8. むくむ
  9. 不安感や精神的な不安定さがある
  10. 食欲の変化
  11. 尿の回数が増える
  12. めまいやたちくらみがする

 

妊娠超初期の症状について解説

 

着床し、妊娠が成立したときに、「着床出血」というものが起こることがあります。

着床出血は、血が混じったおりもののようなこともありますし、生理の1日目くらいの出血が起こることもあります。量はさまざまです。

特徴としては、排卵後まもなくに起こり、1日から数日でなくなるという点です。

排卵前後で性交していて、おりものに血が混じったり、生理のような出血が数日起こったならば、着床出血かもしれないと捉えてもよいでしょう。

生理が予定日にこなければ、妊娠検査をしてみるのもひとつです。

それ以外の症状は、妊娠初期の症状が早く出現したという感じです。

つわりや、黄体期に起こる症状が長く続いているという印象を持つ方が多いと思います。

これは、妊娠の徴候と言えるのです。

また、尿の回数が増えるのは、妊娠により子宮が大きくなってきていることにより、膀胱が圧迫されることで尿の回数が増えるという仕組みですので、少し妊娠週数が進んでこないと現れないことも多いのですが、敏感な体質の方は妊娠超初期でも感じることがあります。

妊娠超初期の症状が現れて、早めに妊娠かどうかを知りたい方は、先ほどご紹介した生理予定日から実施できる妊娠検査薬を実施してみてもよいかもしれません。

 

妊娠かどうか早く知るメリットデメリット

 

妊娠しているかどうか早く知るメリット

 

妊娠しているかどうか早く知ることができると、妊娠した場合の準備をすることができます。

しかし、周囲に公表するのは、安定期に入ってからの方がよいでしょう。

妊娠を継続できるかどうかがとても難しいところだからです。

一番は、妊娠したかもしれないということで、鎮痛剤などの薬の服用をやめることやお酒タバコなどの妊娠に悪影響を与える習慣をやめるためのきっかけになるということがメリットでしょう。

これらのことは、妊娠超初期のうちにやめれば、それほど大きな悪影響はないと言われています。

心配な方は、ぜひ妊娠超初期に妊娠検査薬を実施するのがよいでしょう

それ以外にも、パートナーに話すタイミング、仕事やお金の準備など赤ちゃんを産むかどうか判断するためにも早く知りたいという方がいらっしゃるかもしれません。

そのときには、妊娠超初期で妊娠していたという判定が出たとしても、妊娠継続できないケースもあるということを念頭に置いておく必要があります。

正確には、生理予定日から5週目以降にもう一度妊娠検査を実施して陽性の反応がでた、もしくは、婦人科を受診して超音波検査で妊娠が確認できた、という段階でパートナーに話すとよいでしょう。

 

妊娠しているかどうか早く知るデメリット

 

先ほども記載したように、あまりに早期に妊娠したと妊娠検査薬で知った後、妊娠が継続できなくなることもあります。

高齢で妊娠を希望する方に多いのですが、染色体異常がある場合などでは、妊娠を継続することが難しく、妊娠は成立するものの妊娠がわかる5週目まで妊娠を継続できないケースです。

こういった場合には、妊娠超初期に妊娠を知ることが精神的な負担になってしまうこともあります。

通常であれば、妊娠しなかった、だけで済むところが、妊娠できた事実を知ってしまうことで流産を経験したのと同じくらいの精神的ショックを受けてしまうからです。

精神的ショックを受けたくない、という方には、妊娠超初期に妊娠検査をするのはおすすめできません。

生理予定日から5週間後に一般的な妊娠検査をするのがおすすめです。

そのくらいまで妊娠を継続できた場合には、その後も妊娠を継続できる可能性が高まります。

待つのが苦しいという方もいらっしゃるかもしれませんが、妊娠超初期に検査することのデメリットも踏まえた上で判断されるとよいでしょう。

 

妊娠超初期の症状を知り、事前にできる準備をしよう

最近では、妊娠超初期の症状があきらかになっています。

今までは、妊娠かどうかを知ることができるのは、妊娠5週目以降であるとされてきました。

妊娠検査薬の精度が上がり、生理予定日から検査することができるようになったのですが、妊娠継続できないケースもあるのが現状です。

妊娠超初期の症状があったり、生理予定日に行う検査で陽性が出たとしても、「妊娠の可能性が高い」くらいに受け止めて、確定したと捉えるのはリスクがあります。

妊娠の可能性を早めに知ることができるメリットを生かし、妊娠の確定については、時を待ちましょう。

女性を楽しく、楽に
女性を楽しく、楽に
タイトルとURLをコピーしました

キーワードから探すKeyword

婦人科系疾患VIO脱毛排尿蒸れ頻発月経避妊メンタルタイミング法病気介護脱毛パタハラ月経カップ過多月経低用量ピル更年期の治療マタニティーブルーうるおいニオイ産休YONII更年期の症状ミニピルココロとカラダの症状サポート骨盤かゆみ育休生理用ショーツカウンセリング女性更年期の働き方婦人科疾患骨盤底筋フェムテックアンチエイジング吸水ショーツ運動育児検査30歳代以上生活習慣妊娠むくみデリケートゾーン治療仕事と家庭の両立自宅でできる検査生理更年期頭痛ボディソープ漢方妊娠中の働き方更年期の検査PMS生理不順貧血デリケートゾーン専用ボディソープホルモン補充療法生理前妊娠検査イライラPMDD性教育食べ物スソワキガ更年期障害の治療うつ女性ホルモン検査生理・PMS働き方プライベートゾーン乳がん生理がこない更年期障害妊娠超初期ファムテック生理痛労働基準法子育て子宮筋腫セルフケア心療内科・精神科妊娠の徴候性交痛ヨニケア生理用品出産子宮内膜症アロマココロの症状望まない妊娠リングケア方法ヨガ性感染症おりもの食事妊娠初期のサイン避妊の失敗リューブゼリーちつトレーニングセックスにおいリラクセーション妊娠検査薬緊急避妊薬うるおい不足女性ホルモン介護妊活かぶれ呼吸法人工妊娠中絶レイプ基礎体温乾燥アンダーヘア排便吹き出物生理の量が多い予期せぬ妊娠ピルホルモンバランス